FC2ブログ
札幌のオーダーカーテン専門店『カーテンラボ』のスタッフが 施工例を中心に書いています。
格子戸の奥のロールスクリーン
先日お納めさせて頂いたO様邸です。

20180729O様 (1)

『ジャパネスクハウス』というコンセプトのお家のリビングにはロールスクリーンです。

20180729O様 (2)

素材感ある質感の生地をお選び頂きました。

img_0205.jpg

写真を撮り忘れてしまったので、こちらはハウスメーカーさんのHPからお借りした写真ですが
格子戸だけだと夜は外からの視線が少し気になるので…

20180729O様 (3)

こんな風に格子戸の奥にロールを取り付けています。

20180729O様 (4)

2台に分けているので片方だけ開ける事ももちろん出来ます。

20180729O様 (5)

格子戸以外の窓は同じ柄のカーテンで統一しています。

20180729O様 (6)

モール糸を使ったのやわらかな風合いとツヤのある質感がとても美しいナチュラルな生地です。

20180729O様 (7)

和室にもマッチしています。

20180729O様 (9)

レースはリネンライクなタイプです。

20180729O様 (11)

収納にも同じ生地です。

20180729O様 (10)

開けるとこんな感じです。

20180729O様 (12)

タイルの貼られたキッチンの小窓には北欧生地のシェードです。

20180729O様 (14)

almedahls(アルメダール)社の persons kryddskap(スパイスポッド)のシェードです。
可愛らしくてキッチンにとても合う柄だと思います。


O様ありがとうございました。
スポンサーサイト
Posted by カーテンラボ
comment:0   trackback:0
[施工例
途中ボーダースタイル

先日お納めさせて頂いたO様邸です。
今回の現場は自分では写真を撮りに行けなかったため職人さんのiPhone で撮ってもらいました。

20180621O様邸5

リビングはリネンのドレープです。

20180621O様邸7

リネンのカーテンの床から10cmの所にタイポグラフィックのプリント生地を挟みました。
上部にボーダーを入れたらトップボーダースタイル
裾にボーダーを入れたらボトムボーダースタイルなので
今回のスタイルは名前がないのでとりあえず、そのまま『途中ボーダー』と呼んでいます。

20180621O様邸6

レースはトルコ製のブルーとグレーのボーダーレースです。
吹抜けの窓にはラインドレープです。

20180621O様邸4

2Fホールは左側をリネン&コットンのストライプで右側はリビングの途中に入れた生地でアシンメトリーにしました。

20180621O様邸2

2階のレースはリビングと変えています。



ハワイをモチーフにした刺繍レースです。



リビングから見上げるとこんな感じになります。


O様ありがとうございました。
Posted by カーテンラボ
comment:0   trackback:0
[施工例
ウッドブラインドとartek /アルテックのファブリック

先日お納めさせて頂いたY様邸です。

20180713Y様 (1)

リビングはウッドブラインドです。
木壁との相性もいい感じです。

20180713Y様 (14)

フリーホールもウッドブラインドです。

20180724Y様 (1)

こちらの二連窓にはマットブラックのアルミのブラインドです。

20180713Y様 (13)

キッチンはカプチーノという色のブラインドです。

20180713Y様 (5)

寝室は濃いネイビーのドレープです。

20180713Y様 (6)

上品な手触りと深い光沢感が特長のベルベットです。
(写真では上手く撮れていないのですが、もっと深みのある色合いです。)

20180713Y様 (8)

レースはガーゼの様なふんわりとした風合いが魅力のリネン100%の生地です。

20180713Y様 (9)

1Fの洋室は北欧を代表する建築家、アルヴァ・アアルトがデザインした
artek / アルテックの「SIENA(シエナ)」 のドレープです。

20180713Y様 (10)

シンプルながらも絶妙なピッチで描かれた四角模様がモダンな印象のテキスタイルです。

20180713Y様 (12)

テーブルクロスやクッションなどポイント使いしても素敵な生地です。

20180713Y様 (3)

1Fフリーホールはartek / アルテックの「H55」のシェードです。
アルヴァ・アアルトの後妻であるエリッサ・アアルトにより 1955年に発表されたデザインです。
手前に階段があるため内付しています。

20180713Y様 (4)

名前の「H55」とは、1955年にスウェーデン南部のヘルシンボリで行われたデザイン博覧会のことを指します。" H " の文字が並ぶことにより、シンプルながらも絶妙に計算されたデザインです。


Y様ありがとうございました。

Posted by カーテンラボ
comment:0   trackback:0
[施工例
ピエニウニッコのシェード

先日お納めさせて頂いたH様邸です。

20180705H様 (1)

リビングは縦型ブラインドとロールスクリーンの組み合わせです。

20180705H様 (3)

アイボリーベースにグレー系のアクセントを入れています。

20180705H様 (6)

ダークブラウンの建具とロールスクリーンの部品色を合わせています。

20180705H様 (7)

2Fホールはmarimekko(マリメッコ)のPIENI UNIKKO(ピエニウニッコ)のシェードです。

20180705H様 (8)

ピエニウニッコの中でもブラックは大人っぽくシックな印象です。

20180705H様 (9)

内側には波線柄のレースです。


H様ありがとうございました。

Posted by カーテンラボ
comment:0   trackback:0
[施工例
和室にFUGA
先日お納めさせて頂いたH様邸です。

20180614H様邸 (2)

リビングはシンプルなボーダー柄のドレープとシェードです。

20180614H様邸 (3)

半間の掃き出し窓も片開きのドレープです。

20180614H様邸 (4)

クラッシュエンボスを施し表情に変化を持たせた生地です。

20180614H様邸 (6)

20180614H様邸 (8)

レースはナチュラルアンティークな裾柄刺繍レースです。

20180614H様邸 (12)

和室はFUGAのデザインシリーズからHERMESです。

20180614H様邸 (11)

閉じるとこんな感じになります。
スタンダードな部分が2列とチェック柄の部分3列が交互にくるデザインです。

20180614H様邸 (15)

開いた状態で上げる事が出来るのもFUGAの良いところです。

20180614H様邸 (17)

洋室の2連窓は北欧調のロールです。

20180614H様邸 (18)

柄物のロールの中でも人気の柄です。


H様ありがとうございました。
Posted by カーテンラボ
comment:0   trackback:0
[施工例
| HOME | next
h1 { font-size : 120%; }