札幌のオーダーカーテン専門店『カーテンラボ』のスタッフが 施工例を中心に書いています。
こだわりの北欧空間
先日お納めしたY様邸です。

P1050147.jpg

リビングはスウェーデン製boras社のROCK(ロック)のベージュのプレーンシェードと間に
アップルグリーンのロールスクリーンを付けて、
テレビの上の窓にはマリメッコのLUMIMARYA(ルミマルヤ)というファブリックに
ブラウンのサイドボーダーのプレーンシェードを合わせました。
無垢材の床とも相性ぴったりの北欧調の空間になりました。

P1050148.jpg

「雪いちご」という意味のLUMIMARJA(ルミマルヤ)は、Erja Hirvi(エルヤ・ヒルヴィ)の作品です。描かれた木々が、雪に包まれた北欧の冬を思い起こさせるファブリックです。

この生地は柄が横方向にワンリピートなのですがこの窓には横幅がたりなくなるのですが
ご来店の前にY様にこのブログの7月19日にアップしたS様邸の写真を見て参考にして頂いて

『サイドにボーダーを入れようかな』と言って頂きまして採用して頂きました。

ブログをこのような感じで活用して頂けるのはとても励みになります。

P1050054.jpg

ダイニング側はこんな感じです。
ロールスクリーンは最初はベージュ系の予定でしたが採寸時に
それぞれのサンプルは現場であわせてアップルグリーンに変更になりました。
アクセントになって大正解でした。

P1050063.jpg

吹き抜けはシンプルにアイボリーのロールスクリーンです。

P1050067.jpg

プレーンシェードの内側に節のある糸を織り込んだ、ナチュラルな素材感の
レースを1.5倍ひだで掛けました。

P1050056.jpg

リビングのとなりの洋室はスウェーデン製almedahls社のperssons kryddskap (スパイスポット)
のレトロ色です。
個性的な照明はIKEAでご購入されたそうです。

P1050057.jpg

Astrid Sampe(アストリッド・サンペ)によるデザインのファブリックです。それぞれのポットにそれぞれのハーブの名前が書かれています。鮮やかな色使いが北欧らしくて素敵です。

P1050066.jpg

Y様のお家はアクセントクロスの張り分けが絶妙なのですが
こちらの玄関のグリーンのクロス、シューズクロークの扉(西部劇みたいに開きます)
ブラケット照明の組合わせがとてもいい感じのバランスで全部が素敵でした。


Y様ありがとうございました。
スポンサーサイト
Posted by カーテンラボ
comment:0   trackback:0
[施工例
comment
comment posting














 

trackback URL
http://curtainlabo.blog137.fc2.com/tb.php/106-e5baea18
trackback
h1 { font-size : 120%; }