札幌のオーダーカーテン専門店『カーテンラボ』のスタッフが 施工例を中心に書いています。
シェードの柄の出方
先日納めさせて頂いたT様邸の写真です。

P1040145.jpg

リビングはサンゲツのモダンな波線柄のカーテンと
プレーンシェードです。
欠品していて2週間ほどお待たせしてしまいました。

P1040152.jpg

プレーンシェードの内側にはレースカーテンです。
無地のレースをダブルシェードにするよりも
外からの目線も抑えられてご予算的にも抑える
事ができるのでオススメです。

P1040146.jpg P1040147.jpg

2連の窓もシェード&内側レースです。

P1040150.jpg

クッションも共生地で作りました。

P1030998.jpg

寝室は候補が2つあったので思いきって両方
採用して頂いたのですがとってもいい感じになりました。

P1030997.jpg

タッセルはシェードの生地でも作ってみました。

P1030999.jpg

このキャサリンハムネットの生地は
シェードにする時の柄出しが難しい生地です。
私の場合は生地をいったんつないでもらってから
加工所に見に行ってサイズに合うベストな柄出しをしました。
はぎ合わせの位置は中央にこないのですが
柄の出かたを優先しました。

T様ありがとうございました。
スポンサーサイト
Posted by カーテンラボ
comment:0   trackback:0
[施工例
comment
comment posting














 

trackback URL
http://curtainlabo.blog137.fc2.com/tb.php/40-0a6dbdb9
trackback
h1 { font-size : 120%; }