札幌のオーダーカーテン専門店『カーテンラボ』のスタッフが 施工例を中心に書いています。
ムーミントリビュートワークス
ショールームにかわいい新作サンプルが入荷しました。
MOOMIN TRIBUTE WORKS (ムーミントリビュートワークス)

ムーミン8

フィンランドで生まれた、北欧を代表するキャラクター『ムーミン』とその仲間たち。
同じくフィンランドで生まれたブランド『マリメッコ』のデザイナーでもある鈴木マサルの手によって
原作の世界観を踏襲しながらも新たな『ムーミン』の物語が紡ぎ出されました。

moomin-image-10[1]


~原作者 トーベ・ヤンソン~
画家・挿絵画家・風刺漫画家・小説家・童話作家。
1945年に執筆された『小さなトロールと大きな洪水』を皮切りに「ムーミン」シリーズを発表し,世界的に高い評価を獲得。国際アンデルセン大賞をはじめ、数多くの賞を受賞した。1914年、ヘルシンキ生まれ。2001年、86歳で死去。

~デザイナー 鈴木マサル~
テキスタイルデザイナー。東京造形大学准教授。
多摩美術大学染織デザイン科卒業後、粟辻博デザイン室に勤務したのち有限会社ウンピアット設立。フィンランドのマリメッコ社やラプアンカンクリ社のデザインを手掛けるなど国内外で活躍中。経済産業省主催のconnectjapanデザイナーに選ばれる。

それではまずはカタログの写真を何枚かお見せします。

ムーミン6

ムーミン

ムーミン4

ムーミン2

ムーミン7

ここからはショールームの吊りサンプルです。
4柄×2色で8種類の展開です。
ファブリック名とちょっとした説明です。

DSC01287.jpg

DSC01294.jpg

森のいろいろ

森はムーミンの物語の中で、つねに身近でありながらとても重要な存在でもあります。
森の中に入って遊んだり、隠れたり、休んだり、ボーッとしたり。
この生地はそんな彼らと森との、何となく寄り添った関係をテーマにしています。

このブルーはシリーズでも1、2を争う人気です。

DSC01286.jpg

DSC01292.jpg

色違いのレッドです。

DSC01283.jpg

DSC01295.jpg

ミイがやって来た!

ムーミンの家にやって来たミイの兄弟たち。
彼女らに退屈という言葉は似合いません。
遊びが始まったら、もう誰にも止められない!

DSC01285.jpg

DSC01296.jpg

こっちの色は個人的にもすごく好きです。
グレーにレッドの挿し色がとってもいい感じです。

DSC01288.jpg

DSC01363.jpg

旅の途中

ひとりぼっちの少年が、ムーミン谷の人々に励まされながら成長していく様子を
温かく描いた絵本『さびしがりやのクニット』から、クニットが勇気を出して家から旅立つ場面。
トーベヤンソンの年三つな世界観をテキスタイル的な解釈で再構築した柄です。

DSC01289.jpg

DSC01364.jpg

ちなみに柄に描かれているクニットの大きさは3cm弱です。
61cmのリピートに一人ずつです。
最初、私は本気でこの生地だけ何もキャラがいないんだと思っていました。

DSC01290.jpg

DSC01298.jpg

ここにいるよ

それぞれのキャラクターの距離感、たたずまい、世界観等、このシリーズの原点となるデザインです。

DSC01291.jpg

DSC01297.jpg

人気があるのはグリーンの方らしいですが、私はこのマスタードがとても気になります。

DSC01300.jpg

今回のシリーズではレースの扱いがないのでショールームにあるもので自分なりに合わせてみました。

DSC01301.jpg

こちらはざっくりとしたレースと合わせました。

ここから下の商品は、カーテンラボには展示はしていませんがかわいいので載せちゃいます。
(取り寄せすることは可能です。)

ムーミン5

MOOMIN TRIBUTE WORKSのテキスタイルを使用したクッションカバーやクッションが揃いました。
しっかり厚手の綿100%生地を使用したカバー。表裏両面にムーミン谷のキャラクター達が賑やかに描かれています。

i-moo-za-2.jpg

こちらはソファカバーとしても使える、マルチクロス。

i-moo-fbpanel-3.jpg

森のいろいろレッドは色鮮やかで目を引くデザイン。
壁に掛けただけで空間がぱっと明るく華やぎます。

i-moo-fbpanel-5.jpg

ムーミン谷の仲間達が森で楽しく暮らす様子が描かれた絵画のような一枚。
いつもの空間がほっと一息つける空間に蘇ります。

i-moomin-zakka-apron-2.jpg

すっぽりかぶって着るシンプルなデザインのエプロン。ゆるめのシルエットで
留めが無いので脱いだり着たりが簡単にできます。
ちょっとしたものを入れられるポケットつき。

トレイ

こちらはMOOMIN TRIBUTE WORKSのテキスタイルを布張り積層加工したトレー。

コースター

ムーミンテキスタイル「森のいろいろ」を使用したコースター。



ここから下のかっぽう着はカーテンラボでの取り扱い自体がありませんが、とてもかわいいので載せちゃいます。

i-moomin-kappougi-mii-3.jpg

i-moomin-kappougi-mori-bl-1.jpg

i-moomin-kappougi-omoteura.jpg

ムーミン谷のキャラクターたちがいきいきと描かれたユニークでレトロな昔ながらの“かっぽう着”。
かっぽう着ならではのゆったりフォルムが活かされた、動きやすく、使いやすい仕様です。


正直、ディズニーシリーズと比べたらムーミンというのは一般的にはキャラクター的に若干弱いのかなと思う部分と
実際どこのお部屋にお選び頂くの?という思いがあってショールームに展示するかは迷いました。
でも、吊りサンプルが出来あがって実際に展示してみるとデザインの良さやキャラクターの素朴で可愛らしい
感じにとても癒されています。

来年にはムーミンランドが首都圏でオープンするという話もあるようです。
ショールームにご来店の際にはぜひ、ご覧になって頂けたらと思います。



スポンサーサイト
Posted by カーテンラボ
comment:0   trackback:0
[お知らせ
comment
comment posting














 

trackback URL
http://curtainlabo.blog137.fc2.com/tb.php/438-6684581e
trackback
h1 { font-size : 120%; }