札幌のオーダーカーテン専門店『カーテンラボ』のスタッフが 施工例を中心に書いています。
ラインドレープ&トゥーリのシェード
先日お納めさせて頂いたK様邸です。

DSC05651.jpg

リビングから階段にかけての4連窓には幅3640㎜のラインドレープです。
ダイニングにはダークブラウンのロールスクリーンです。

DSC05652.jpg

ラインドレープのスラットは2枚だけ変えてアクセントをつけました。

DSC05654.jpg

アクセントのスラットとロールの色を合わせています。

DSC05657.jpg

大きな窓から右側を振り返ると中庭に面した廊下が見えます

DSC05636.jpg

廊下は階段と同じ色のラインドレープです。

DSC05635.jpg

ミックス感のある折柄を取り入れ、洗練されたモダンなデザインです。
水拭きできるメンテナンス性も兼ね備えています。

DSC05630.jpg

テレビの両サイドの縦長のはグレーのロールスクリーンです。

DSC05632.jpg

左側の窓には絵画の様にも見える
マリメッコの人気アイテム、TUULIのブラックのシェードです。
サイドボーダーはブラックにしてモダンな雰囲気になりました。

DSC05633.jpg

モダンでスタイリッシュなのに優しさやぬくもりを感じさせる秀逸なデザインです。
フィンランド人のデザイナー マイヤ・イソラが44年前にデザインしたのですが
そんなに昔からある歴史のある生地ですが古さを全く感じさせません。

DSC05650.jpg

洗濯物スペースは無地のラインドレープとロールです。

DSC05621.jpg

寝室は光沢差のある糸を使って仕上げた大胆なリーフ柄のドレープです。

DSC05622.jpg

横長の窓にはロールです。

DSC05625.jpg

和室はプリーツスクリーンです。

DSC05626.jpg

繊細でやさしい質感の生地です。

DSC05623.jpg

ホールの地窓は『カリスマ』という名前のプリーツスクリーンです。

00021020.jpg

上はカタログの写真ですがメタリックな質感でひときわ異彩を放つ存在感があります。

DSC05628.jpg

1Fホールもラインドレープです。

DSC05638.jpg

子供室はカジュアルなドレープとネイビーのロールです。

DSC05639.jpg

幾何学模様を大胆に色分けした柄です。

DSC05647.jpg

レースはグリーンストライプです。

DSC05640.jpg

DSC05642.jpg

クローゼットの扉にぶつからないように内付けしています。

DSC05643.jpg

もう一部屋もドレープとロールの組み合わせです。

DSC05644.jpg

DSC05646.jpg

キュートな色合いのストライプ+ストライプです。


K様ありがとうございました。


スポンサーサイト
Posted by カーテンラボ
comment:0   trackback:0
[施工例
comment
comment posting














 

trackback URL
http://curtainlabo.blog137.fc2.com/tb.php/611-28dab28c
trackback
h1 { font-size : 120%; }