札幌のオーダーカーテン専門店『カーテンラボ』のスタッフが 施工例を中心に書いています。
ログハウスにFUGA
先日お納めさせて頂いたU様邸です。

20170908U様邸 (2)

リビングは調光ロールスクリーン FUGAのDESIGN SERIESのBRESです。

20170908U様邸 (5)

開くとこんな感じです。

20170908U様邸 (3)

ログには絶対に合うと思っていましたが、ここまでしっくりくるとは思っていなかったので撮影の時に
つい『おー、カッコいいー』と大きめの独り言が出ました。

20170908U様邸 (6)

アップで見るとこんな感じです。

20170908U様邸 (7)

ひっぱり続けるとこの辺までは開いたまま上がります。

20170908U様邸 (42)

リビングのもう一つの窓は無地のロールスクリーンです。
色はFUGAと合わせています。

20170908U様邸 (9)

フリールームは『ビリーブインユアセルフ』という名前の生地のシェードです。

20170908U様邸 (11)

ちなみにビリーブインユアセルフは自分を信じなさいという意味です。

20170908U様邸 (12)

この生地は単に英字の配置や色がいいのでおすすめしていましたが
他にも It's up to you 君次第だよ とか  
impossible is nothing 「不可能」なんて、ありえない
とか書いてあってとてもメッセージ性の強いシェードです。

20170908U様邸 (16)

2FホールもFUGAです。

20170908U様邸 (18)

FUGAの中でもBRESはウッドブラインドっぽい見た目になります。。

20170908U様邸 (17)

特に写真で見るとそんな風に見えます。

20170908U様邸 (20)

こちらのお部屋はプレーンシェードです。

20170908U様邸 (22)

ブルーの大きな花の中にクマのプーさんとピグレットがデザインされています。

20170908U様邸 (24)

斬新な柄ですが意外と何度も選ばれています。

20170908U様邸 (25)

こちらの部屋は全然違う二つのシェードです。

20170908U様邸 (26)

繊細に描かれたボタニカル柄が上品で大人の女性らしさを演出しています。

20170908U様邸 (27)

草花モチーフの間にさりげなくミッキーとミニーが遊んでいる姿が描かれた大人のディズニーです。

20170908U様邸 (29)

VISITのシェード『Neko』です。
レーザーカットによって柄を作成して立体的にしているため耳としっぽがシェードから飛び出しています。
生地の裁断は超音波ミシンでやっているそうです。

20170908U様邸 (38)

上げるときに中に仕込まれた板にウエーブが隠れてフラットにきれいに柄が出るように工夫されています。

20170908U様邸 (41)

媚びていない表情がキュートです。

他の動物は作る予定はあるんですかと代表の今井さんに聞いたところ
動物はネコのみで行くみたいです。
なぜならデザイナーの女性がネコが好きだからというシンプルな理由でした。

VISITのHPはコチラ

VISIT

個人的には『NUMBER』という柄もカッコいいかなと思っています。
iPadで柄をシュミレーションすることもできます。


U様ありがとうございました。
スポンサーサイト
Posted by カーテンラボ
comment:0   trackback:0
[施工例
comment
comment posting














 

trackback URL
http://curtainlabo.blog137.fc2.com/tb.php/782-44c1b8f3
trackback
h1 { font-size : 120%; }