FC2ブログ
札幌のオーダーカーテン専門店『カーテンラボ』のスタッフが 施工例を中心に書いています。
ウッドブラインドとartek /アルテックのファブリック

先日お納めさせて頂いたY様邸です。

20180713Y様 (1)

リビングはウッドブラインドです。
木壁との相性もいい感じです。

20180713Y様 (14)

フリーホールもウッドブラインドです。

20180724Y様 (1)

こちらの二連窓にはマットブラックのアルミのブラインドです。

20180713Y様 (13)

キッチンはカプチーノという色のブラインドです。

20180713Y様 (5)

寝室は濃いネイビーのドレープです。

20180713Y様 (6)

上品な手触りと深い光沢感が特長のベルベットです。
(写真では上手く撮れていないのですが、もっと深みのある色合いです。)

20180713Y様 (8)

レースはガーゼの様なふんわりとした風合いが魅力のリネン100%の生地です。

20180713Y様 (9)

1Fの洋室は北欧を代表する建築家、アルヴァ・アアルトがデザインした
artek / アルテックの「SIENA(シエナ)」 のドレープです。

20180713Y様 (10)

シンプルながらも絶妙なピッチで描かれた四角模様がモダンな印象のテキスタイルです。

20180713Y様 (12)

テーブルクロスやクッションなどポイント使いしても素敵な生地です。

20180713Y様 (3)

1Fフリーホールはartek / アルテックの「H55」のシェードです。
アルヴァ・アアルトの後妻であるエリッサ・アアルトにより 1955年に発表されたデザインです。
手前に階段があるため内付しています。

20180713Y様 (4)

名前の「H55」とは、1955年にスウェーデン南部のヘルシンボリで行われたデザイン博覧会のことを指します。" H " の文字が並ぶことにより、シンプルながらも絶妙に計算されたデザインです。


Y様ありがとうございました。

スポンサーサイト
Posted by カーテンラボ
comment:0   trackback:0
[施工例
comment
comment posting














 

trackback URL
http://curtainlabo.blog137.fc2.com/tb.php/864-5d4d31c7
trackback
h1 { font-size : 120%; }